読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くす太のなんでもブログ

『くす太』というマンション管理会社に従事する男の雑記ブログ。マンション管理・書籍・映画などについて。

コンタクトレンズと眼科の蜜月な関係?

どうも、くす太です。

 

社会人になってからメガネを日常的にかけ始めた、自称メガネ派です。

しかしながら、散髪後や眼精疲労から来る肩凝り・頭痛などを改善したい為、先日コンタクトレンズ処方で眼科に行きました。

初診でありコンタクトレンズ初ということもあり、装用練習も行って約1時間かかりました。眼科内で購入可能ということで何気なくその場で、試しにワンデイの片目30個・1箱を購入。(コンタクトレンズが合わない可能性がある為、少なめで購入)

 

装用時間は徐々に延ばしていかないといけないということで、休日につけて慣らしながら仕事の日にもつけていくようになり、今は週の半分以下ではありますがコンタクトレンズをつけて仕事に行くようになっています。

 

両目装用で約2週間分しか買っていない為、追加購入を検討していたところ、よく見かける店舗のアイシティで初回割引があったことから購入を考えましたが、購入にはコンタクトレンズの処方箋がいるということがそこで判明!もらった記憶が一切ない。眼科で買っ時は同じ仕様のものなら半年分(?あまり記憶にありません)は追加購入出来ると言っていたのに。。。

受診した眼科に連絡し、コンタクトレンズの処方箋について確認したところ、「当院はコンタクトレンズ販売も行っている為、処方箋は発行していません。他店で購入する場合は処方箋を発行する眼科で受診して下さい。」と、当たり前ですよと言わんばかりの返答。

 

へぇ〜と思いながらネットで調べてみるとそのような眼科は多く存在しており、眼科とコンタクトレンズの蜜月関係を知りました。メガネではこのようなことはないのに。。。

しかし!さらにネット検索をすると、コンタクトレンズは処方箋がなくても買えることが分かりました。通販購入となりますが店頭販売と商品も変わらず。それならば処方箋がなくてもどこでも買えるようにすればいいのにと感じました。コンタクトレンズは医薬品ではなく高度管理医療機器に該当する為、処方箋がなくても良いとのこと。(目に直接つける機器の為、目の健康や衛生面から眼科医の診断に基づいた指示[処方箋・指示書]がなければ販売しないところがほとんどという現状みたいです)

その中で眼科が特定のお店のみでの購入しか出来ないようにするのは不信感を抱かざるを得ません。購入者の選択の自由を優先し、どの眼科でも処方箋の発行、もしくは購入済みコンタクトレンズの確認で、どのお店でも購入出来るようにしてもらいたいです。

 

まだコンタクトレンズは使用し始めて間もないですが、メガネよりも目や体への負担は少なく、使用感は非常に良い反面、メガネと比較すると費用が高いものである為、費用面も考慮してメガネとの併用を進めながら、目の健康や衛生面を考え、一度処方箋を発行してもらえる眼科に行く予定です。

 

コンタクトレンズは普及して久しい為、同じようなことで悩んでいる方は少ないと思いますが、参考にしてもらえればと思います。

 コンタクトレンズ(アマゾン)

 コンタクトレンズ(楽天市場)

広告を非表示にする