読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くす太のなんでもブログ

『くす太』というマンション管理会社に従事する男の雑記ブログ。マンション管理・書籍・映画などについて。

子供が高熱で病院へ〜そこで感じたこと〜

どうも、くす太です。

 

その日は朝から長男が38℃を超えており、様子をみながら仕事から帰って体温を測ったところ、40℃近く熱が上がっていました。子供はよく熱を出すといいますが、良し悪しの判断が出来ない為、日曜日の夜間でも診療しているところで、小児科の救急や夜間の診療病院として広域地域で指定している病院に車で向かいました。

 

病院に着いてすぐに驚いたのが、病院の周りに車が多く止まっているなと思いながら駐車場を探していると、なんと全て病院の駐車場の空き待ち。。。信号からも近く、道路も広くない立地でしたが、誘導員や警備員もいない為、車両の接触や通行人との接触が危惧されるような状況になっていました。高熱が出ている子供を後部座席に乗せた状態で10分、20分と経過したところで警備員が他のスペースに誘導。(タイミングよく病院前の駐車場が空いた為、私はそのスペースに駐車)

※警備員がこのタイミングで出てきた理由は不明。定時があるかは不明ですがもっと早くにいてくれたら良かったのに。
 
車を駐車して病院に入ると、受付や問診までは親切、且つスピーディに対応してくれていましたが、そこからがすごい待ち時間でした。しかも、診察の順番は整理番号で決まっているにも関わらず問診票の名前のみを読み上げる為、どこまで診療が進んでいるか、自分の番は後どれくらいかが不明であり、進捗状況が不明であった為、異常に長く感じました。
このご時世、救急もある為スマホによる予約は不要と思いますが、スマホはほとんどの人が持っている為、受付後はスマホで進捗確認が出来るようにしてもらいたい。スマホである必要はないですが、より病院が導入しやすい方法で受診者が精神環境が良い状態で順番待ちが出来るように改善してもらいたいと感じました。

 

広域で夜間診療にしている為、患者も多く、大変なのは重々認識しているつもりですが、そこまで費用をかけずに利便性を上げることは可能と思いますので、ぜひぜひ改善を願います。

広告を非表示にする